食で心を育む時間。


もう5.6年前からずっと漠然と

思っていたことがありました。


1級フードコーディネーターとして

商品開発、レシピ考案や、スタイリングもだけど、

食のもう1つのあり方。


お料理教室とは違って

もっと社会的な役割。


作り方や切り方、材料より、

手触り、心、感性を育む時間を伝えたい。

という気持ち。


器にしても、食材にしても

手触りや、自分たちで考える、

自分の目でること、感じること。

やってみる。伝えあう。

ってとっても大切なんです。


教師でも保育士でもない私は

ただ漠然と、あてもなく思っていたことで

いつかを、思っていました。


ある日の出会いから

教員をされていて、僧侶であり、 NPOをされている

大仙寺さんの寺小屋にて。


子どもたちと食の時間。

みんな手を動かすこと、自分たちで作る時間が

大人になるまでの

心と感性を育む時間となりますように。

そんな想いを私の中で思っています。

もちろん、情勢には配慮しながら。


子どもたちのエネルギーは素晴らしくて。

私も感化された時間でした。

子どもに育ててもらえるは大人だったりするもの。


みんなありがとう♡またね。


大仙寺さん

ありがとうございました。


そして、お父さんお母さん保護者の方にも

感謝の気持ちです。



なか

instagram @tableworks_naka